健康経営宣言

MS&ADシステムズでは、社員の安全と健康を確保し、社員が心身ともに健康でいきいきと働くことが、当社の持続的成長と企業価値向上を支える経営基盤であると考えています。
社員が働きがい・やりがいをもっていきいきと働けるよう、社員と家族の心身の健康の保持・増進と、安全に配慮した働きやすい職場環境づくりに取り組みます。
また、働き方の多様化に向け、在宅勤務環境などにおけるコミュニケーション強化等の各種施策を継続的に進め、心身の健康維持・増進を支援します。
これらの取組を、パートナー会社の健康経営取組の支援等にも広げていきます。
そして、多様な社員全員、およびパートナー会社社員が、ともに成長し活躍することによって、社会との共通価値を創造していきます。

代表取締役社長 津田 卓也

健康経営優良法人

経済産業省 日本健康会議
「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました(5年連続)

パートナーシップ構築宣言

MS&ADホールディングスでは、サプライチェーンの取引先等と連携・共存共栄を進めるためのパートナーシップを構築し、健康経営に関する取組も進めることを宣言しました。この宣言に基づき、当社を含むグループ全体で取組を行います。

パートナーシップ構築宣言

健康経営推進体制

健康管理推進室を事務局とし、産業医・看護職、労組、関連部門、従業員代表者などのメンバーから構成される、「健康経営推進連絡会」で健康に関する情報共有を図り、各専門領域の観点から企画を立案し、施策の推進に関する論議を行い、活動しています。

健康維持・増進強化策

健康経営戦略マップ

当社の健康経営の課題とそれを解決する実行策を整理し、健康経営戦略マップを作成しました。社員の健康を確保するため、「生活習慣の改善」「働き方改革」「エンゲージメント向上」「感染症防止対策」の4つを健康投資の対象となる重点取組とし、主な指標を設定し取り組みを進めています。各施策の合計投資額は約4,200万円です。

【健康経営戦略マップ】

生活習慣の改善

取組内容

主に身体の健康保持・増進を図る取り組みです。社員は健康診断を100%受診し、自らの健康状態を把握します。当社は未病の段階から生活習慣の改善を行うための支援策を提供しています。

主な項目 取組内容
定期健康診断実施 定期健康診断受診勧奨、二次健診受診勧奨、特定保健指導を実施します。健診結果から特定保健指導の対象になった方に対し、看護職が計画的に保健指導を実施しています。
喫煙対策 毎月22日を「スワンデー」とし、就業時間内禁煙を推奨する取り組みを実施しています。社内周知し、喫煙者に個別案内を行っています。また、禁煙支援策として禁煙プログラム費用補助制度を用意し、禁煙の動機付けを行っています。
ウォーキングキャンペーン 運動とコミュニケーションの機会創出のため「ウォーキングキャンペーン」を年2回実施しています。2021年のウォーキングキャンペーンでは、運動量が増えた方が9割以上となり、心身両面で効果が現れています。
マッサージルームでの
リフレッシュ(※)
社内マッサージルームを設置し、「はり師、きゆう師、あん摩マッサージ指圧師」の国家資格をもつヘルスキーパーによるマッサージ施術やセルフケア指導、健康へのアドバイスを実施しています。また、在宅勤務下での健康維持のため、短時間で視聴できるセルフケア動画を作成し、配信しています。
企業内カフェによる
リフレッシュ(※)
ストレス緩和、生産性向上のため、ワゴンサービスでハンドドリップコーヒーを販売しています。社内に漂うコーヒーの香りはストレスを軽減させる「リラックス効果」や、「集中力」の向上につながっています。
生活習慣の記録
(ココカラダイアリー活用)
健康アプリ「ココカラダイアリー」を導入し、社員に提供しています。ストレス状態や歩数の測定、食事の記録、医療情報の確認など、多彩なメニューで毎日のココロとカラダの健康づくりをサポートしています。
健康情報発信 健康リテラシー向上のため「衛生委員会だより」を発行しています。「看護職だより」、「マッサージルームだより」、「Café便り」など健康に役立つ情報を提供しています。
女性特有の病気に対する
セミナーの実施
女性の健康課題について理解を深め、健康で働き続けられるよう、働く女性のライフステージと健康に関するセミナーを実施しています。男女問わず参加しており、2021年は参加者の91%が満足と回答し、理解促進が図られています。
治療と仕事の両立支援 適切な治療を受けながら働き続けることができるよう、勤務時間の短縮等の措置などの両立支援策を実施しています。
※マッサージルームの様子
※セルフケア動画
※企業内カフェの様子

実績

定期健康診断受診率は100%を継続しています。2次健康診断は60%台で推移していますので70%を目標に受診勧奨等の取り組みを進めています。2021年度のウォーキングキャンペーンは在宅勤務環境下、大々的に開催し、多くの方が参加され、運動不足の解消につながりました。また、禁煙取組は毎年の健康診断結果フィードバック時に看護職が継続的に禁煙指導を実施しています。その結果、2021年度の喫煙率は2016年度対比で40歳以上は3.7%減少、全年齢は4.2%減少しました。

年度 定期健康診断受診率(%) 2次健康診断受診率(%)
2016年度 100 62.3
2017年度 100 71.1
2018年度 100 64.8
2019年度 100 62.0
2020年度 100 64.8
2021年度 100 61.7

年度 ウォーキングキャンペーン参加率(%)
2018年度 チーム戦 14.6
個人戦 17.3
2019年度 チーム戦 コロナにより中止
個人戦 コロナにより中止
2020年度 チーム戦 12.2
個人戦 20.1
2021年度 チーム戦 29.0
個人戦 25.8

年度 40歳以上喫煙率(%) 全年齢喫煙率(%)
2016年度 22.8 17.9
2017年度 22.9 17.2
2018年度 22.6 16.5
2019年度 20.6 15.1
2020年度 20.5 14.8
2021年度 19.1 13.7

働き方改革

取組内容

主に心の健康保持・増進を図る取り組みです。長時間労働はメンタルヘルス不調の大きな要因の一つと捉え、総労働時間の削減に取り組み、休暇取得も推進しています。また、メンタルヘルス対策として一次予防(ストレスチェック等)、二次予防(長時間勤務者への産業医面接指導等)、三次予防(職場復帰支援等)を実施し、セルフケア・ラインケアにも取り組んでいます。

主な項目 取組内容
総労働時間削減取組 「ゆとり創造取組」を実施しています。全ての職場でゆとり創造ミーティングを開催し、業務効率化・改善・平準化等の具体策を話し合い、実行しています。創出した時間を早帰りや休暇取得にあて、心身のゆとりを生み出し、自己投資取組につなげています。
有給休暇取得取組 年度初めに計画的に休暇取得すること周知し、年間20日の休暇取得を目標に全ての部署で「年間休暇取得計画表」を作成しています。期中の取得状況を職場上司にフィードバックし、完全取得に向けた取り組みを推進しています。
長時間勤務者削減取組 長時間勤務社員を把握し、産業医による健康状態の確認や健康面におけるアドバイス等を行っています。必要な場合は残業時間の制限や休暇取得の指示などの健康確保措置を講じています。また、産業看護職による個別相談を実施しています。
ストレスチェック 「労働安全衛生法」に基づき、メンタルヘルス不調の一次予防および、職場環境改善を目的に毎年ストレスチェックを実施しています。実施後、高ストレスと判断された社員には産業医面接を実施し、健康状態の確認や必要な措置な健康確保措置を行います。また、組織分析を行い、結果を所属長にフィードバックします。特に改善が必要な職場は外部機関の支援による改善取り組みを実施しています。
新入社員への情報提供、
フォロー
新入社員を対象に「安全配慮に関する研修」、「メンタルヘルス研修」を実施しています。2022年は参加者の74%がためになったと回答しています。また、入社3か月後にセルフケアに関する情報と相談窓口を一人ひとりに案内しています。入社6か月後に「セルフケア講習」を行い、ストレスチェックの活用方法を説明。看護職による全員面談を実施し、体調確認・健康診断結果のフィードバックを行っています。
健康相談 社内専門スタッフによるメンタルヘルス相談体制を整備しています。
また、外部機関によるメンタルヘルスカウンセリング、職場コンサルテーション、長期休務者の職場復帰支援を行っています。
メンタルヘルス研修 全社員を対象に、eラーニングによるメンタルヘルス研修(ラインケア・セルフケア)を毎年実施しています。

※外部専門機関(アイエムエフ株式会社)による新入社員メンタルヘルス研修の様子。新型コロナ感染防止のため リモートで実施。

実績

平均月間所定外労働時間は30時間台で推移しています。2022年度は総労働時間3%削減を目標に取り組んでいます。また、平均年次有給休暇取得日数はコロナ前の20日以上の状態を目指し、取り組みを進めています。ストレスチェック受検率は90%台で推移しており、できるだけ多くの社員が受検するよう働きかけを行っています。毎年職場改善取組を進めた結果、高ストレス者は減少傾向にあります。

年度 平均月間所定外労働時間(時間) 平均年次有給休暇取得日数(日)
2016年度 38 22.0
2017年度 27 21.2
2018年度 38 22.0
2019年度 36 20.0
2020年度 36 15.8
2021年度 19.0
年度 ストレスチェック受検率(%) 高ストレス者比率(%)
2016年度 91.1 17.0
2017年度 91.3 15.2
2018年度 93.8 16.7
2019年度 94.7 19.3
2020年度 94.5 14.4
2021年度 93.5 14.3

エンゲージメント向上

取組内容

エンゲージメント向上がストレス低減にもつながることから、社員が仕事に「働きがい」「やりがい」を感じ、熱心に取り組み、活力を得ていきいきとしている状態にあることを目指します。そのために、社員が会社の方向性に共感し、自発的に行動する意欲が持てるよう、会社方針の浸透、組織風土の改革、コミュニケーション活性化、チームワークが発揮できる職場づくりに取り組んでいます。
また、これらの取り組みをウェルビーイングに発展させ、社員の幸せにつながる施策の充実を図ります。

主な項目 取組内容
著名人講演会 2022年はトップアスリートをお招きし、オリンピックでメダルを獲得するまでの軌跡やモチベーション、挑戦することの大切さ等、自身の経験をふまえ講演いただきました。講演での学び、気づきを社員間で共有し、職場の連帯感・一体感を高めています。
経営フランクミーティング 経営層と社員との経営フランクミーティングを実施しています。経営層と直接対話することで価値観を共有するとともに、各施策の目線を合わせてエンゲージメントおよび心理的安全性を高め、働きがいの向上を図っています。実施時に企業内カフェのコーヒーを提供し、リラックスした雰囲気で対話を行っています。
目標チャレンジ面接・
キャリア面接実施
年間複数回の目標チャレンジ面接・キャリア面接を実施しています。部下が自らのキャリアと年間取組を考え、上司と話し合いを行います。上司は部下に経営方針や各組織の業務計画の趣旨・目的を説明し、各自が担うべき役割・期待を伝えています。面接で十分なコミュニケーションを取り、上司は部下の心身の健康状態が健全に保たれているかも合わせて確認しています。
MONTHLYミーティング
(1on1)
上司・部下のコミュニケーション強化、円滑化を目的に、原則として月1回、上司・部下の1対1の面接を実施しています。
メンター制度 所属部署の上司とは別に仕事上の利害関係がない他部署の先輩社員(メンター)が相談者(メンティ)と向き合い相談にのり、キャリア形成・促進を支援します。社員同士のつながりを広め、アドバイスを受けることが成長のきっかけとなり、コミュニケーションの活性化にもつながっています。

実績

MS&ADグループの社員意識調査を指標としています。6点満点の評価基準で、当社の結果は持株会社、および保険事業会社の6社平均と同水準です。今後は測定精度を上げるため、国際基準と比較可能な指標の使用を検討します。

年度 MS&ADグループ共通社員意識調査結果
2016年度
2017年度
2018年度 4.6
2019年度 4.5
2020年度 4.6
2021年度 4.6

感染症防止対策

取組内容

社員の安心安全を確保する取組です。毎年の季節性インフルエンザ予防接種の実施に加え、2021年度から新型コロナワクチンの職域接種を行っています。

主な項目 取組内容
職域接種の実施
・インフルエンザワクチン
・新型コロナワクチン
感染予防のためインフルエンザワクチン、新型コロナワクチンの職域接種を実施しています。対象者は当社社員(出向者含む)およびその家族のみならず、当社拠点に勤務するパートナー会社社員およびその家族にも広げています。

健康に関する数値の推移と取組実績(一覧)

主な重要指標と目標値を健康経営指標のとおり設定し、毎年の取組結果に基づき次年度の取組を見直していきます。今後は取組の進捗や環境の変化を踏まえ、適宜目標値を見直していきます。